VirtualBox を便利に利用する為に「Guest Additions」を設定しました。
一番使いたかったのは「共有フォルダ機能」
その設定方法も書いておきます。

■環境

  • VirtualBox 4.0.0
  • ホストOS: Windows7
  • ゲストOS: CentOS 5.5

■Guest Additions設定

  1. HostOSのVirtualBoxウィンドウ=>「デバイス」=>「Guest Additionsのインストール」を選択。
  2. GuestOSのターミナル上で下記を実行。
    # sh /media/VBXADDITIONS_4.0.0_69151/VBoxLinuxAdditions.run
  3. run実行時にエラーが出る場合は、他のモジュールが足りない場合が多い。大抵はgcc, make, kernel-devel。エラー文言に合わせて適宜実行。
    # yum install gcc
    # yum install make
    # yum install kernel-devel

○参考
http://labs.uechoco.com/blog/2008/01/virtualboxfedora_7guestguest_additions.html

http://www.rokujyouhitoma.com/javapg/2009/01/virtualboxguest-additions.html

http://nplll.com/mutter/archives/2009/10/centoswith_virtualbox.php

■共有フォルダ設定

  1. VirtualBoxで対象仮想マシンの[設定]を開く
  2. [共有フォルダ]で右にある追加のアイコンをクリック
  3. 適切なフォルダを指定
    例えば “share”という名前で
  4. 仮想マシンを起動
  5. マウントポイントを作成
    例) mkdir /mnt/share
  6. マウント
    mount -t vboxsf share /mnt/share
  7. mountコマンドを”rc.local”に追加