VirtualBox で 仮想マシンをコピーする方法を試してみました。

前のバージョン同様、コマンドでしかできないようです。
そして前のバージョンまでは “clonevdi” だったコマンドが
4.0では “clonehd”というコマンドに変わったようです。(ヘルプより)

書式は以下の通り

VBoxManage clonehd         <uuid>|<filename> <outputfile>
                           [–format VDI|VMDK|VHD|RAW|<other>]
                           [–variant Standard,Fixed,Split2G,Stream,ESX]
                           [–existing]

試した手順はこんな感じです。

■環境

  • VirtualBox 4.0.0
  • ホストOS: Windows7
  • ゲストOS: CentOS 5.5

■クローン作成

  1. コピーしたい元VDIファイルを特定します
    たぶん以下の場所にあります。
    C:\Users\${UserName}\VirtualBox VMs\${HostName}\
    分からない場合は、VirtualBoxを立ち上げて該当ホストの[設定]→[ストレージ]で確認
  2. コマンドプロンプトを起動
    Windowsの[アクセサリ]の中にあります。
  3. コマンドプロンプトで以下のように実行

    cd ${PathToVDI}
    “C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe” clonehd ${FromVDI} ${OutFile}
    ※ [“]部分はコピペの後で修正してください。

■新しい仮想マシンでの利用

  1. VirtualBoxを起動
  2. 新規マシンを作成
  3. 「仮想ハードディスク」で「既存のハードディスクを使用」を選択
    – 前の手順でクローン作成したファイルを指定
  4. 出来上がった仮想マシンを起動

■cloneしたVDIで起動後の作業

  • ネットワーク関連を再設定
    • VirtualBox側のアダプタ追加
    • 固定IPアドレスの再設定
      clone作成時に作成される”*.bak”ファイルは削除してOK

    • 共有フォルダ設定
  • ホスト名を変える
  • (必要あれば)sudo設定

■追加情報

  • cloneしたVDIで作成した仮想マシンでは、ホスト名やネットワークまわりを再設定する必要があるようです。
  • 作成したVDIファイルを別ディレクトリに移す時は、一度VirtualBoxを再起動しないと、「ハードディスクの追加」時にエラーが出るようです。